Loading...

牛肉の安全を保証するトレーサビリティ制度について

「トレーサビリティ制度」という言葉を聞いたことがありますか?2001年にBSE問題が発生したことから、農林水産省が定めた制度のことです。

トレーサビリティ制度について、詳しくご紹介します。焼肉やすき焼きなど、安心して美味しい牛肉を味わいたい方は、肥後橋駅近くに店舗を構える板前焼肉 一笑をご利用ください。板前焼肉 一笑では、牛を一頭買い付けし提供しています。鮮度と味にこだわった焼肉をぜひお楽しみください。

トレーサビリティ制度とは

トレーサビリティ制度とは

トレーサビリティ制度とは、2001年に発生したBSE(牛海綿状脳症)問題により、農林水産省が施行した制度です。消費者が安心して牛肉を食べられるように、牛が生まれてから消費者に届くまでの情報が確認できる内容となっています。

国産牛には一頭ごとに個体識別番号が割り振られ、わかりやすいように耳標にして装着されています。個体識別番号には生まれた場所や飼育された場所はもちろん、解体された場所や、出荷された場所など、すべての情報が記録されています。

食肉卸売市場では、有資格者である検査員が一頭ずつ病気の有無などもチェックしており、解体時には肉のサンプルを摂取し、DNA検査も行います。また、生産だけではなく流通過程の履歴も記録していき、誰でもインターネット上でこれらの情報を確認することができるのです。

牛肉にトレーサビリティ制度が導入された背景

牛肉にトレーサビリティ制度が導入された背景

2001年9月に国内で初めてBSEが発生しました。メディアが過剰報道したことにより、消費者の牛肉への恐怖心が大きくなり、学校給食のメニューに牛肉を使用しないなど、一気に牛肉離れが加速します。このため、消費者に安心して牛肉を食べてもらうため、BSEの蔓延を防止する目的でトレーサビリティ制度が導入されたのです。

肥後橋など大阪市内に複数の店舗をモツ板前焼肉 一笑では、お店で提供する黒毛和牛がいつどこで育ち、出荷されたお肉かを確認できるトレーサビリティに対応しています。お召し上がりいただくお肉が、どこから来たなんの牛なのかを、ぜひ店頭のショーケースでご確認ください。

個室ありで駅近の焼肉店をお探しでしたら、大阪市内に複数の店舗を構える板前焼肉 一笑をぜひご利用ください。取り扱う食材の鮮度と味にこだわる板前焼肉 一笑では、トレーサビリティに対応しており、お召し上がりいただくお肉の生産と流通の履歴をご確認いただけます。肥後橋駅から近い店舗でしたら、江戸堀店をご利用ください。

肥後橋駅から徒歩2分!焼肉は板前焼肉 一笑で

会社名 株式会社ゼンショウ
一笑 江戸堀店 住所 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1-14-4
電話番号 TEL:06-6446-2911
事業内容 1. 飲食店の経営
2. 一般食品の販売、企画、加工、製造及び輸出入
3. 各種食肉並びに食肉加工品の製造、販売及び加工
4. 食肉の輸出入、仕入れ及び販売
5. 飲食店に関するコンサルティング業務
6. 不動産の売買、仲介、賃貸、管理等の不動産業
7. 前各号に付帯関連する一切の事業
URL http://issho.shop/

ページトップ